ヤマトタケルも湯治したとされる古の名湯【飯坂温泉】2日間

ヤマトタケルも湯治したとされる古の名湯
【飯坂温泉】2日間

奥羽地方の古湯であり、
古くは「鯖湖の湯」と呼ばれました。
鳴子・秋保とともに奥州三名湯に数えられ、
2世紀頃には日本武尊が東征の折に、
1689年には俳聖 松尾芭蕉が奥の細道の途中に立ち寄ったとされる
歴史・規模ともに日本を代表する名泉の温泉地の一つです。

奥羽地方の古湯であり、
古くは「鯖湖の湯」と呼ばれました。
鳴子・秋保とともに
奥州三名湯に数えられ、
2世紀頃には日本武尊が東征の折に、
1689年には俳聖 松尾芭蕉が
奥の細道の途中に立ち寄ったとされる
歴史・規模ともに日本を代表する
名泉の温泉地の一つです。

〈ゆったりプラン〉

【1日目】
東京 10:00発
 |JR新幹線やまびこ
福島 11:45発
 |福島交通飯坂線
飯坂温泉 12:08着

15:00~ チェックイン


【2日目】
飯坂温泉 16:20発 
 |福島交通飯坂線
福島 17:02発
 |JR新幹線やまびこ
東京 18:36着  

 
〈飯坂温泉街〉
 飯坂温泉の魅力は何と言っても共同浴場巡りです。地元の人も愛する素朴な温泉施設は、9つもあり、それぞれ違った雰囲気を楽しめます。


〈旧堀切邸〉 
 飯坂温泉街の名所の一つに旧堀切邸があります。江戸時代から続いていた豪農・豪商の旧家

〈寄り道プラン〉

【1日目】
東京 10:00発  
 |JR新幹線やまびこ
福島 11:45発  
 |福島交通飯坂線
飯坂温泉 12:08着
飯坂温泉街観光≫


【2日目】
飯坂温泉 10:55発   
 |福島交通飯坂線
福島 11:34発  
 |JR東北本線
二本松 11:57着  
≪二本松市内観光≫
二本松 17:01発   
 |JR東北本線
郡山 17:37発
  |JR新幹線なすの
東京 18:36着 


〈二本松市内〉
 郡山と福島の間にある二本松市には、1643年、二本松藩主丹羽光重公によって築城された「二本松城」があります。1868年の戊辰戦争では激しい戦いが繰り広げられ、城の建物の多くが焼失しました。この戦争では「二本松少年隊」と言われる、12歳から17歳の多くの少年兵が戦死しました。 現在では日本百名城として多くの人が訪れます。春には約2,500本の桜が咲き誇り、城全体が薄紅色の霞に包まれたような景色になることから別名「霞ヶ城」と呼ばれています。
 「安達ヶ原ふるさと村」に隣接した「観世寺」は、平兼盛の歌で有名な安達ヶ原の鬼婆伝説の舞台です。鬼婆の住家であった岩屋や出刃包丁を洗った血の池などが今もなお残っております。

お問い合わせはこちらからどうぞ

お問い合わせ後、交通機関の空席状況や宿泊施設の空室状況を確認し、詳細及びご旅行代金をご案内させていただきます。

電話でお問い合わせ

☎ 03-3369-4187

月-金 09:30-18:00 土 09:30-17:45 ※日祝休み

Eメールでお問い合わせ

✉ kiwamitabi@flex-inter.co.jp

株式会社フレックスインターナショナル

〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-35-2 AD高田馬場ビル4F
Webサイト: https://flex-inter.co.jp/
総合旅行業務取扱管理者: 小島 恵一
観光庁長官登録旅行業 第1306号

webでお問い合わせ

{formbuilder:65322}