千葉でキャッサバ!植え付け体験&農園アフリカンランチ
【内容】
キャッサバ植え付け体験
野菜の収穫体験
アフリカンランチ&トーク
【日時】
2022年5月29日(日)
11時00分~14時00分
【開催地】
オサムファーム/千葉県山武郡横芝光町
【料金】
4,300円~7,300円
※幼児・未就学児無料
キャッサバの植え付け

タピオカの原料で有名なキャッサバ。キャッサバを主食として消費する国もあり、イモ類の生産量ではジャガイモに次いで世界第2位ですが、実物を見る機会はなかなかないはず。そんな珍しいキャッサバの植え付けを体験します。

アフリカと野菜

農園の上村さんは長くアフリカ畑に携わって来られました。植え付けや収穫だけではなく、キャッサバにちなんだアフリカに関するトークも行います。昼食時には農園がプロデュースするアフリカンメニューをご堪能ください。

野菜の収穫

越前赤ソラマメとスナップエンドウを収穫します。赤いビビッドカラーが印象的な越前赤ソラマメは一般的なものと較べると小ぶりですが、素朴な甘さが特徴です。(収穫物は生育状況により変わります)

※上記の写真はイメージです。

希望の光農園オーナー 上村 武継さん



UEMURA TAKETSUGU

東京、アラブ首長国連邦、コンゴ民主共和国、ブルンジ共和国と多拠点生活を送る中、横芝光町では5年前、無施肥無農薬、草生栽培にて野菜などの作物の栽培を開始。その後、コロナの影響で海外渡航が難しくなり、アフリカで関わっていた農業プロジェクトは現地スタッフが継続、もしくは中断。現在の農業活動は横芝光町が中心になり、町内の尾垂や作間内に4箇所ある畑を管理している。2021年11月にタンザニア連合共和国大使館と横芝光町の協力を得て、キャッサバ収穫祭を企画開催。アフリカとの関わりは10年以上前からあり、主だったところで、コンゴ民主共和国では農業省、保健省、計画省などに人脈があり、ブルンジ共和国ではブルンジ商工会議所の日本代表であり、在京のアフリカ諸国の大使館と親密な関係を持っている。

お申込みにあたっての注意事項

・当社フレックスインターナショナルの営業時間外は、翌日の対応となります。
・悪天候などにより中止の場合は、全額ご返金いたします。
・催行の可否は催行前日の18時までにご連絡申し上げます。
・国内募集型企画旅行旅条件書を事前にご確認いただいた上で、お申込みください。

旅行企画 | 株式会社フレックスインターナショナル
住所 | 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-35-2AD高田馬場ビル4階
電話番号 | 03-5330-0812
メールアドレス|toretabe@flex-inter.co.jp
担当 | 小島・村山